高い効率の採掘プラットフォームを提供し、最高のハッシュ率を生成する。

SKY-NETは四つのモジュールを持っています。SKY-Hive、SKY-Hosting/SKY-Coloud、SKY-ExchangeとSKY-DEX。SKY-NETは他の現在の掘削ソリューションおよびその採掘方法と比較してより高いハッシュ率の採掘プラットフォームを提供している。SKY-NETの採掘プラットフォームでの合意を確保することで、採掘候補はプラットフォームのハッシュ解決策を通じて奨励を得ることができ、最適なハッシュ率を得ることができる。これまでSKYHASHは全世界の暗号化貨幣鉱山の専門的な採掘プラットフォームとして発展してきました。

SKY-Hive

SKY-Hiveは様々な機能を持っています。一つは最適化されたハッシュ率であり、もう一つは集中制御および監視サービスである。
SKY-NET設計により、SKY-Hiveは専門的な採掘場を持っています。三つの主要な部分で生成されます:
1) 最大化採掘のハッシュ率 2) 鉱機集中制御 3) 環境モニタリング

SKY-Hosting / SKY-Cloud

SKY-NETメンバーの採掘利益を最大化するために、最低価格エリアに採掘設備を用意しました。
アゼルバイジャン、カザフスタン、ウズベキスタンなどの国/地域で、SKY-Hostサービスの価格は約6セント/キロワット/時間です。
SKY-Coloudは、更新された採掘ソフト、GPUファームウェア、およびハッシュ率と温度などの環境を観察する中央サーバを実施した。

SKY-Exchange

SKY-Hiveサービスを利用して最大解読効果を得るSKY-NETユーザーと採掘ユーザーに提供するサービスです。
ユーザーが持つSKY財布に接続することを提供します:
1.暗号化と暗号化交換サービス(ビットコイン、エーテル坊、ドアルーマニア、RIGCoin) 2.ドル両替サービスを暗号化します 3.デビットカードの暗号化サービス

SKY-DEX

分散アプリケーションのインターフェースは、すべての分散アプリケーションがこのインターフェースを介して接続されている必要があります。
SKY-NETは2018年にデビットカード会社と提携しています。
SKY-NETのユーザーはデビットカードサービスをRIGCoinを含む暗号化された通貨と一緒に使うことができます。

SKYメインネットワークとToken情報

高い効率の採掘プラットフォームを提供し、最高のハッシュ率を生成する

インテリジェント契約

知能契約は、コンピュータコードを作成するためのフレーズです。コードは通貨、コンテンツ、財産、株式、その他の価値のあるものの交換に役立ちます。ブロックチェーン上で動作する場合、スマート契約はいくつかの条件の下で自動的に実行されるコンピュータプログラムのようです。

共通認識のメカニズム

権限証明は、多くの予め許可された権限ノードを含む新しいブロックチェーン概念である。追加する新しいノードは、現在許可されている権威あるノードセットで投票しなければなりません。これにより、どのノードがネットワーク上のブロック(採掘)を密封できるかを完全に制御できます。

証明書のメリット

ブロック時間および遅延のためのより多くの構成可能性が提供されているが、計算上は高価ではなく、許可ノードを追加する方法がより安全である。セキュリティに関しては、SKY-NETはハッカーの攻撃を受ける可能性があまりないと考えられています。特にデータベースは個人情報とトークン割り当てに関する情報から構成されています。

RIGcoins(RIG)

発行総数:6,000万枚

RIGコインはSKY-NETプラットフォームで利用されるコインです。 世界中のユーザーがマイニングを通じて行われるリワードリサイクリングにより高い報酬を得ることができ、そのエコノミーを形成するのがRIGコインです。 SKY-WalletのNODEシステムでstakingされ、SKYHASHの事業拡大と共にメリットを得ることが出来るコインです。

XRG(X-RIG)

発行総数:6億枚

XRGはSKYHASHが発行するIMO専用のコインです。 XRGはIMOラウンドからしか購入できないトークンでIMOプラットフォーム上でエコノミーを形成します。将来的にRIGとのコンバートが予定されています。

概況紹介

現在、最もよく使われている採掘コンセンサスモデルは作業量証明(PoW)ですが、将来的には権益証明(PoS)を採用することを考慮するプロジェクトがもっと多いかもしれません。

project image
採掘リスク:PoWからPoSへの動機

今後はPoSを使うと、採掘のコストが大幅に下がる可能性があります。PoSは、ノードが大量のトークンを持っていることを要求し、合法的にチェーンにブロックを追加する。この方法に必要な電力は明らかに少ないので、必要な計算はより容易である。

PoWの環境への影響

ビットコインの採掘は現在世界のエネルギー消費の0.2%を占めており、今年末にはオーストリアと同じ消費量に達する見込みです。ブロックをチェーンにうまく埋め込むには大量の処理能力が必要で、採掘エネルギーのコストが高すぎるようです。

採掘と分散データ処理の未来

15年前には、ネットワーク帯域幅の増加に伴い、銀行、保険とITサービスプロバイダー(すでにそこにいます)以外の企業が、より高いセキュリティ、より信頼性の高いネットワーク接続、および多事務業務を開始しました。


やみ市場(The Black Market)

鉱山労働者はエネルギーを盗むように誘導し、鉱山を掘るか、または闇市で働くようにします。これは貨幣の生産量の増加に伴って現地法規に違反します。今年4月、中国の天津にある工場からコンピューターを600台取り出しました。現在の中国最大のエネルギー窃盗事件です。

監督圧力&政策禁止

多くの政府が通貨を暗号化して消費者と企業を保護するように監視し始めたが、一部の国/地域では政治と経済に対する処罰が違っている。周知のように、中国は全体として、人民銀行がビットコインの世界取引の1%未満しか担当していないと報道し続けることによって、採掘と暗号化された貨幣を抑制します。

経済的圧力

維持、電力、人員と施設の面での運営費用の圧力は採掘による収入によって相殺される必要があります。これらの費用は国/地域の生活費と経済政策によって違います。一部の地域では、採鉱に特化した政策も制定されています。

project image

白書

高い効率の採掘プラットフォームを提供し、最高のハッシュ率を生成する

パス図

SKYプラットフォームは2017年に開発を開始し、概念検証と開発実施に200万ドル以上を投入しました

  • 2019.2.20
  • 2019.3.14
  • 2019.4.5
  • 2019.4.27
  • 2019.5
  • 2019.6
  • 2019.Q3

チーム紹介

SKY-NETは経験豊富で積極的な若者で構成され、プロジェクトを成功させます。
以下は現在このプロジェクトに参加している20のメンバーチームの中の6つです。

team member
Mr. Shinsaku Imai
Founder & CEO

2014年の初め以来、Mr.Shinnsaku Imailはブロックチェーンに興味を持ち、業務製品の開発とコンサルティングをしています。2015年には、暗号化された通貨交換システムとmultiig財布を作成して使用し始めました。2016年、私達は鉱山を掘り始めました。これはブロックチェーンの基礎です。SKYHASHOWは2018年2月に設立され、アジアとヨーロッパの複数の採掘場にコンサルティングサービスを提供しています。

team member
Mr. Yuhi Niimi
Chief Mining Engineer

Yuhi Niimiさんは2016年初めからずっとSKYHASH掘削業務を担当しています。そしてAMDに基づく研究と安定化を担当しています。 GPUの調整と安定化、そして自分の農場の設立と運営。運営以外にも、システム全体の構造や部品に精通し、日本で最高の採掘効率を達成しました。SKY-NET開発チームのために専門知識を共有し、SKYHASH運営の採掘場を担当しています。

team member
Prof. Dr. Hiro Takahashi
Technical Advisor

高桥弘博士获得东京工业大学工程学博士学位,并作为东京大学的客座研究员,研究了人类环境科学领域中来自人群的高速交易处理效率。他的博士论文提出了一种称为“多层缓存类型自主分布式系统及其应用程序Web应用程序防火墙WAF”的低延迟自主分布式节点的系统化。

team member
Mr. Taka Inoue
Technical Principal Engineer

井上隆さんは大学で機械工学を専攻しています。彼はフルタイムのエンジニアで、組込みC言語、C#と.netプログラミングを専門に研究しています。また、Webシステムとデータベース関連技術を処理しています。SKY-NETはクラウドの採掘先端と後端の開発を担当します。

team member
Mr. Daisaku Nishikawa
Chief infrastructure engineer

西川大作さんは、大手サーバ会社のインフラストラクチャの運営と管理に携わったことがあります。ECなどのWebサービスとは独立した初期サーバ構造の管理コンサルティングを行う。SKY-NETネットワークの建設を担当し、サービス全体の安全性と運営コストを評価します。

team member
Mr. Shingo Asano
Chief Application engineer

浅野慎吾さんは2008年以来、エストニアに住んでいます。フロントエンド/バックエンドWeb開発者としてHTML,CSS,Javaスクリプト,PHP,SQL,Python,Shellスクリプトを扱っています。彼は2010年にエストニアで業務を開始して、各種の取引先に各種の提案を出して、そして成功的にエストニアとその他の国家の間で連絡を創立しました。